楽しく笑って生きるために

一度きりの人生を、笑いながら楽しく生きていくためにはどうすればいいかということを、あれこれと考えていきます。

短気を直す方法:簡単で確実な方法

短気な性格で悩んでいる人が、短気を直す方法があります。

 

f:id:positiveyarou:20160302114121j:plain

 

短気な性格だと、慌てて行動して失敗してしまったり、カッとなって不用意な発言をして人間関係を損ねてしまったり、いろいろなことがうまくいかなくなってしまいがちですよね。

 

また、本当に些細なことでイライラしてしまうから、ものすごくストレスを感じて、心や身体がクタクタに疲れてしまいます。

 

短気な性格を直して、もっと穏やかな気持ちで生きていきたいと思っても、そう簡単には変われないですよね。

 

そんな短気な性格をなんとかしたいと思っている人が、短気を直す方法があります。

 

-----

 

短気を直す方法と言っても、精神論的なものではありません。

 

短気を直す方法と言っても、慰めにすぎないようなものではありません。

 

短気を直す方法と言っても、一時的な効果しか期待できないようなものではありません。

 

短気な性格の人が、内面から自分を変えて、短気を直し、心に余裕を持つことが出来るようになる方法です。

 

-----

 

短気な性格の原因は、自己肯定感が希薄なことにある場合が、非常に多いです。

 

自己肯定感が希薄で、自分に自信がないために、心に余裕がなくて、ちょっとしたことで、すぐにイライラしたり、頭に血が上って、カッとなってしまったりします。

 

そんな短気な性格で悩んでいる人が、それを直すためには、自己固定感を高めることが、必要不可欠です。

 

自己肯定感を高めることが出来れば、短気な性格を直すことが出来ます。

 

-----

 

ところで、自己肯定感が高い人と低い人では、いったい何が違っているのでしょうか。

 

それは、生まれてから今までの体験というか、特に乳幼児期・幼少期の経験によるところが大きいです。

 

ごく幼い時期に、よく言われる「無条件の愛」で、ありのままの自分をしっかりと受け入れてもらえた人は、自己肯定感が高くなりますが、それが十分でなかった人は、自己肯定感が低くなってしまいがちです。

 

自己肯定感が低いことによる問題点が、表面化するのが大人になったからだとしても、そのベースは、ごく幼い頃に形成されています。

 

成長する段階の出会いで、それが変わることもありますが、「三つ子の魂百まで」という言葉があるくらいで、大抵の場合は、幼い頃に形成された自己肯定感の希薄さを増幅させながら成長していきます。

 

-----

 

自己肯定感が希薄なために、すぐに短気を起こしてしまい、失敗が多くて悩んでいる人が、自己肯定感を高めて、短気を直して、イライラしたり、カッとしたりしなくなる方法があります。

 

これは、マイナス思考をしている人が、プラス思考をするようになるための方法ですが、実は、マイナス思考をしてしまうのも、自己肯定感が希薄なことが原因です。

 

ですから、この方法を実行して、自己肯定感を高めれば、プラス思考をするようになると同時に、短気を直すことが出来ます。

 

プラス思考トレーニング

 

簡単なトレーニングですが、かなり効果的で、すでに多くの実績があります。

 

短気な性格を直して、心に余裕を持って、穏やかな気持ちで、毎日を楽しく生きていきたいですよね。